タグ:嫁

嫁を同僚に寝取られた翌日…会社『無断欠勤5日したから解雇!』俺「有給申請しましたよ!?」会社『損害賠償を請求します』→その後・・・

登場人物 俺 フツメン 人間不信の上女性恐怖症を発症 現嫁 Aさんの娘 人間不信の上男性恐怖症を発症 Aさん 現義父 入社当時の直接の上司で大恩人 B君 地元支社に異動してきた後輩 元嫁 幼馴染 俺のトラウマの元凶の片割れ クズ太 同級生で同僚 俺地元の名家の出 俺のトラウマの片割れ 逝 イケメン 現嫁の同級生 現嫁のトラウマの元凶 ウチの父は転勤族だったが、俺や兄貴が大学に入るまでは移動しないで […]

予定より早く帰宅したら嫁の浮気現場を目撃…→出張に行くと伝え、寝室のベッドに盗聴器を仕掛けた結果・・・

予定より早く帰ったら嫁がアンアン言ってた話だ あの日は会社出勤して昼すぎから出張の予定が急遽なくなった 嫁に連絡して外で晩ご飯でもと思ったんだが、 そうだ驚かせてやろうと思いついたんだ 定時まで仕事して嫁の好きな駅前の ケーキ屋でケーキ買って帰った 出前でもとってたまには嫁も家事休んで 2人でまったりしようと思ってたんだ… 鍵をこっそり開けて物音たてないようにそ~っと入った 続きは次ページからご覧 […]

娘と実家から帰ってきたら、嫁と浮気相手が!→俺「浮気は浮気だろ?理由は?」嫁「そんなんだから浮気されるんだよwww」→その後嫁が出て行き、PCを開いたらネトゲに衝撃の過去ログが・・・

こっちの浮気話は、 お盆に3歳の子供連れて里帰りしてた時の事。 娘と親の実家で2泊する予定で、 嫁はパートがあるので留守番という話だったんだが 忘れ物を取りに1泊してから 自分の家にもどったら見知らぬ男と一緒。 男を追い出して嫁を問い詰めるも上から目線で 「貴方に魅力を感じられなかった。器が小さい男w」 とか鼻で笑いやがった。 続きは次ページからご覧ください・・・

嫁が脳卒中で倒れて7年、穏やかに話すことすらなかったが、俺「俺は○○ちゃんのこと愛しとるけん。結婚してくれてありがとう」 嫁「・・・・・・」→不発かと思ったが・・・

私60、嫁43、娘20×1 おっさんの話で申し訳ない。 一昨日の深夜このスレを読んで、 ここ数年、 嫁と穏やかに話すことすら無かったかもしれないと青ざめました。 これは実行に移さないとと思いました。 昨日の夕方、仕事を終えて真っ直ぐ嫁の部屋に向かうと、 嫁はテレビをボーっとみていました。 部屋に現れた私をチラッと見た後、 またテレビに目線を戻されてしまいましたが… 続きは次ページからご […]

嫁「妊娠したの。3ヶ月ですって」俺「それじゃ離婚しよっか」→衝撃の結末が・・・

別れて一か月。 浮気+借金+托卵のアホ嫁からジュリメールが来た。 「最近一気に寒くなりましたね。私の心も寒いです。 だって…あなたと別れたから。 本当ならもうすぐ帰ってくるあなたの為に 美味しいごはんを作ってお風呂を 準備して出迎えているはずなのに。 そう思うと今は地獄のようです。 ああ…会いたい。 私はなんと愚かだったのでしょうか。 続きは次ページからご覧ください・・・

数年レスなのに、嫁が妊娠!俺「どう言い訳するつもりなんだろ」→嫁の出方を伺ってたら驚きの展開に・・・

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/10(土) 02:19:04.92 ID:0dwoBfxB0 書きためてないから遅いが勘弁してなwww 俺30歳後半 嫁30歳 嫁、ずーっと不倫してたwwwww 俺とは数年夜の方はレスwwww 15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/10(土) 02:20:49.95 ID:0dw […]

嫁「昔元彼にムリヤリされて積極的になれないの。」俺「無理すんな。ゆっくり慣れていこう」→性生活が週0.5回になったが、ある日台所のシンク下から大量の派手下着が出てきて・・・

スペック(当時) 漏れ:22歳 現場系ピザ フツメン 元嫁:25歳 顔美形 元水女 漏れケコーン前はバーテソしてたのね んで、元嫁自分の店終わる→漏れの店来る→漏れと仲良くなる →付き合っちゃう?→ケコーン ケコーンを決めた時に漏れバーテソ卒業 昼の商売の方が色々いいっしょ!→現場会社に就職 この時点で元嫁借金蟻(40マソほど) もうじき嫁になる女の借金は漏れの借金だと意味不明な脳内変換( […]

【突然の別れ…】嫁が事故死!遺品のノートの内容は衝撃なものだった・・・

単身赴任中に妻が、男とのドライブ中に事故死した。 妻は、一年近くレスだったのに妊娠をしていました。 妻と一緒にいた男の遺体からは、違法薬物がたくさん出てきて、妻の実家からはお前のせいだと言われました。 その事故から、一週間位たってから警察から呼び出された。窓口に行くと応接室になぜか通され、副署長が出てきました。 そして、1冊の大学ノートが渡されて「落ち着いて読んでください」と言われたのです。 さて […]