カテゴリー:感動

41/43ページ

【衝撃】3歩下がるの言葉の語源を知っていますか??こんな感動的な意味が込められていたとは・・・

皆さんは3歩下がるの本当の意味をご存知でしょうか?? 日本の女性は3歩下がって付いてくるような女性が、 理想像とされてきました。 主に、「男を立てる」や「控えめ」 なイメージとして使われていますが。 しかし、その語源は全く違ったのです。

【号泣】会社で残業を頼まれ、娘の誕生日を祝えなくなった→上司から渡されたダンボールの中身を見ると・・・

その日は娘の誕生日だった。 この日のために私は、 毎日残業して早く帰れるように仕事を終わらせていた。 しかし、会社で問題が起き、 帰るわけにも行かず、残業するハメに。 すると、上司に呼び出され、 「取引先でもトラブルが起きたみたいだから、 そっちの手伝いに回ってくれ」と言われ、 渡されたダンボールと一緒に取引先に向かった。 続く

【涙腺崩壊】男性が急に道の真ん中でバイクを降り始めた!その理由に感動。。。

男性が車通りの多い車道でいきなりバイクを降り始めた。 なぜ急にそんな危ないところでバイクを降りたのか? 彼の向かう先には…… 彼の行動が素晴らしすぎて世界中の人が感動した。 とても真似できるようなことではないかもしれません その行動とは? 詳細は次のページからご覧ください

【感動】公共の場で子供に暴力を振るった母親におばさんが一言声をかけた瞬間、その母親は号泣しだした・・・

この前、デパートで買い物をしている時に目撃した話。 ある一人のお母さんが赤ん坊を抱っこしながら買い物してました。 赤ん坊は全然泣き止まない様子で、 最初は優しくあやしていたんですが、 だんだん顔が険しくなっていき、口調も強くなり、 しまいには赤ちゃんの顔にビンタしていました。 さらに赤ちゃんは大泣きしだして、 もう手に負えない状態でした。 そんな親子のところに一人のおばさんが駆け寄ってきて、 衝撃 […]

【感動】子供の命を救った!!父親に助けを呼びにいったのは・・・

家族団らんでの旅行で オーストラリアに住んでいるアレキサンダー・ケニーは2歳の男の子です ケニーにはなんと見守ってくれている天使がいるんです!! 家族で友達の別荘に行った時にアレクサンダーが遊んでいたら足を踏み外して ダムの貯水地に落ちてしまって、誰一人として気づくことができませんでした 完全に溺れてしまっていて意識もなくなっていました

【驚愕】私が作ったご飯を全然食べない息子に夫が感動の言葉を→息子の返しに衝撃を受け、胸に突き刺さった。。。

これは私の、ある日の、 家族の食卓での話です。 私の家族は、 私と夫、長男、次男の四人家族です。 長男はいつも夕食の時、 あまりご飯を食べてくれませんでした。 理由はいつもご飯前に、 お菓子とかを食べてしまうからです。 その日もいつも通りご飯を残す長男に、 夫が「話がある」と言って席に座らせました。 続く

【ほっこり】少女が一人でケーキ屋にお買い物に来た・・・しかし全然お金がなく寂しそうに店を後にしようとしたら・・・

これは私がケーキ屋で、 実際に目撃した話です。 私が店内に入ると一人の少女が、 ケーキが入っているショーケースの中を見ていました。 店員さんが、 「一人で来たの?」と聞くと、 その少女は、 「うん、お母さんの誕生日ケーキを買いに来たの」 と、少し恥ずかしげに答えていました。 続く

【感動】通学も共にした、飼い犬との15年間の物語に涙が止まらない・・・

これはある田舎に住む一人の女性と、 そこに住んでいた一匹の犬の物語です。 その犬が彼女の家で生活し始めたのは、 彼女がまだ小学生の頃でした。 彼女の家は、田舎の山奥にあり、 学校までかなり距離がありました。 今までは、上級生の人に同じ方向の人がいて、 安全だったのですが、卒業してしまい、 一人になってしまいました。 しかし学校の先生が、一人では危ないということで、 犬を連れての登下校を許してくれま […]

【実話】阪神淡路大震災の日に起こった、妊娠していた仲の悪いお隣さん同士の物語・・・

これは阪神淡路大震災の時に実際にあった話です。 ある仲の悪いお隣さん同士がいました。 この二組の家族は何十年も前から仲が悪く、 まさに犬猿の仲でした。 そんな中、あの多数の死者を出した、 阪神淡路大震災が起きたのです。 しかもこの二組の家族の奥さんは妊娠していたのです。 続く

【感動】ケガしている野良犬を見つけ、動物病院に連れて行ったら診察代がかかると言われた→その後の展開に誰もが涙した。。。

俺が公園で、ボロボロの野良犬を見つけ、 動物病院に連れて行った時の話。 とにかく瀕死状態だったので、 すぐに診察してもらえるよう頼んだ。 すると受付の人は、 「飼い主ではなくても、連れてきた人が、 診察代を払うことになりますが大丈夫ですか?」 と言ってきた。 正直、その時あまりお金を持っていなかったが、 この犬を助けたいという気持ちが強く、すぐに承諾した。 しかし、この後衝撃の展開が待っていた・・ […]

1 41 43