カテゴリー:感動

2/43ページ

甲子園を見ていた小4少女「フォアボールよりは打たれたほうがいいよね」→その理由にグッとくる。。。

子供って素直なので大人が思いつかないよう、言えないような事を突然言う事がありますよね。 2017年の甲子園シーズンに、とある少女の小学4年生が発したとは思えない一言が日本中の野球ファンの心を打ちました。 そしてその言葉を投稿したツイートが話題に! 今回はそんな本当にすごいと思ってしまう少女の言葉をご紹介したいと思います。 気になる続きは次のページでどうぞ!

受験で心が折れかけていた高校生→母親に「訪ねてこい」と言われた住所に向かうとそこで人生を大きく変える出会いが・・・

これからお話しするのは受験が間近に近づく18歳の少年の話です。彼がある日知った事実はその後の少年の人生を大きく変える出来事になります。 青春期にはよく聞く話ですが、人生に初めて行き詰まるのがちょうど高校生の時なのではないでしょうか。 その少年もまた人生に行き詰まり始めている少年の一人。 彼は自分の今後の進路に悩み腐れ始めていた。 家はそこまで裕福ではない。 親からは公立の大学へ行くように言われてい […]

弟の難病を救おうと貯金箱のお金を握りしめ薬局に向かった8歳の少女→そこで奇跡の出会いを果たす・・・

今からご紹介するお話しは、アメリカ人のテスと言う女の子の奇跡の様なお話です。 テスは明るく元気な8歳になったばかりの女の子で父親と母親、そして弟のアンドリューの4人で暮らしていました。 ある日テスは両親が弟アンドリューのことについて話しているのを偶然聞いてしまいます。 いったいどんな内容の話だったのでしょうか? 気になる続きは次のページでどうぞ!

事故に巻き込まれ彼女と視力を失った…希望を失いかけていたが親友との再会が大きな転機に。。。

3年前の話… 当時付き合っていた彼女は、普段は「俺が大好きだ」とか「愛してる」とか、そればかり言っていたくせに、俺が目が見えなくなってしまってから、手のひらを返したようにいなくなった。そもそも、この事故は彼女を庇った時に、巻き込まれて失明。結婚までしようと俺は考えていたので、本当にショックだった。 俺は、その程度だったのか…と、それからの生活は一変し、気づけば周りの人達は、俺から離れていなくなって […]

【その後…】王子駅前にある子供からの張り紙→東京メトロが異例の対応に出た!!※画像あり

通常、駅構内のようなオープンスペースへ勝手に張り紙を張ることは禁じられています。 広告を掲載する場合にはきちんと許可を得て、広告料を支払った上で行われますし、また自由にしたとして誰も彼もが好き勝手に張り紙を張るようになっては問題だからですね。 それは東京メトロにおいても同様でした。 ところが先日、東京メトロが異例の「特別扱い」を発表しました。 とある張り紙を許したというだけではなく、許したことにつ […]

ブルゾンちえみ、マラソンランナーに選ばれた本当の理由とは?24時間テレビの裏に隠された感動秘話…

今年も24時間テレビ(日本テレビ系)が放送され、感動の中で無事終了しました。 24時間テレビと言えばマラソンですが、今回は番組開始1時間前までランナーが発表されないという異例の事態に。 そんな中ランナーに選出されたのがブルゾンちえみさん。 今年の正月のお笑い番組で一躍人気爆発したのがブルゾンちえみさん。 今やお笑いだけではなく、ドラマやCM、バラエティーにと引っ張りだこでとても多忙な日々を送られて […]

逸見政孝さん、ガン告白記者会見の全文!→また、ビートたけしが弔辞で号泣した理由とは??※動画あり

1993年9月6日午後3時、日本テレビ本社(現:日本テレビ放送網麹町分室)内2階の大型ホールで、 業界初のメディアを招集しての緊急記者会見が各局のワイドショーで生中継されました。 冒頭の挨拶で彼が発したのは、 “「こういう形での記者会見は賛否あると思いますが、 私が入院してから事務所を通じてのコメントを出しますと、 真意が伝わらなかったり、あるいは誤解を生じてもいけませんので、 私の口から伝えるこ […]

【神対応】視覚障害の子どもが任天堂に感謝の手紙を送る→心のこもった返事に賞賛の声集まる!!

数々の人気ゲームを発売している会社の一つが任天堂ですよね。 マリオやポケモン、ゼルダなどは、誰もが耳にしたことがあるタイトルではないでしょうか。 しかし、人気があるゲームだからといって、誰もが絶対に楽しめるわけではありません。 単純におもしろくなかった・自分には合わなかったという理由の人が多いと思いますが、中には障害があるために、ゲームをしたくてもできないという人もいるのです。 視覚障害を持つ子ど […]

「妹は暇じゃない」自閉症の妹をバカにされた小学生の兄の行動が胸打たれると話題に!!

昔よりもはるかに優しくなった自閉症へ向けられる世間の目。しかしそれは完全に世間が障害を持つ存在自体を受け入れているわけではなく、あくまでも変わりつつあるだけです。未だに多くの人が障害を持つ人への偏見は根強く、無意識に人を傷つけることもしばしば…。今回ご紹介する話も、自閉症を持つ子供への偏見が原因と言えます。この話の女性には、とても元気な小学6年生の息子と、自閉症のため自宅で過ごすことが多い小学4年 […]

「難民生活をしている写真の男性を探して欲しい」→ある家族を救った、Twitterの底知れぬチカラとは・・・??

未だ世界各地では紛争や迫害が起きていて、否応なしに避難を強いられている人が数え切れないといいます。日本でも凶悪な事件や災害は起こっているものの、彼らのような生活をしている国民は限りなくゼロに近いといえるでしょう。だからこそ、遠い世界のように感じる人もいるかもしれません。上の画像の男性も内戦が続いてる地域から逃れてきた難民の1人です。彼は幼い娘を肩に乗せ、生活をするためにペンを売っていました。この写 […]

1 2 43