【おぞましい】全身が腫瘍まみれだった野良犬→2ヶ月後、近所の人気者になり、寂しいお別れが来る・・・【画像あり】












 2015年の2月に起きた、1匹のあまりにもおぞましい姿で発見されたある野良犬の物語である。その犬の存在がその後、世界中の人々の意識をも少しずつ変化させたのである。

 その野良犬はひどくやせ細っており、そして全身が腫瘍まみれの悲惨な状態で発見された。人間の献身的なケアと犬の強い忍耐力の末、野良犬はみるみるうちに回復していった。

 2ヶ月後、犬は彼を見るために列ができるほど近所で人気者となっていた。そして寂しいお別れがやってくる。詳細は、次のページからご覧いただきたい。