【スポーツマンシップ】ガーナ代表選手が被災地熊本に送ったメッセージに感動!!そして日本サポーターからは・・・







 リオデジャネイロオリンピックへの出場が確定しているサッカーのU-23日本代表が、2016年5月11日の昨日ガーナ代表と試合をしました。「MS&ADカップ 2016 〜九州 熊本震災復興支援 がんばるばい熊本〜」と名前のついたチャリティマッチである。この名前がついているからか、客席のスタンドに掲げられた多くの横断幕には「がんばるばい! くまもと」といった被災地を応援するメッセージが書かれていました。

 だが、被災地熊本を応援するメッセージや、エールなどは5月11日の試合の日だけではなかったのです。それは試合の前の日の10日に行われたガーナ代表の公開練習の時、なんとガーナ代表の選手たちはこんなプラカードを掲げていたのです。

 そのプラカードの内容は次のページからご覧ください!!