【驚愕】画像で診断!本当に実在したおかしな症候群5つ。あなたもかかっている可能性が・・・

【驚愕】画像で診断!本当に実在したおかしな症候群5つ。あなたもかかっている可能性が・・・


 

※コタール症候群※

この病気はかかった人が「自分は死んでいる」と信じている状態になり、身体からいたる物が抜き取られていると感じてしまう病気。そして表情から気持ちを読み取れなくなってしまうこともある。「歩く死体症候群」とも呼ばれている。

 

[add]

※共感覚※

 

ひとつの感覚が別の感覚を引き起こしてしまう、いわば、感覚のオンパレード状態になってしまう病気。一番かっている人が多い症候群でもある。

※ウィンディゴ精神病※

突然、人の肉が食べたくなってしまう状態になる精神疾患。しかし、同時に人の肉を食べる事を恐れている。この症候群はアメリカに住むインディアンに発症する事が多く、インディアンの間では精霊ウィンディゴに取り憑かれている状態だと信じられている。極端に寒い場所で、食料不足に陥った時に発症することが多く、栄養不足による環境要因が原因の可能性が高い。また、ウィンディゴ精神病は統合失調症と合併して起こる事が多い。



よく読まれている記事