【闇代表】なでしこジャパン崩壊の原因となったベテラン組の若手へのいじめ!澤穂希の引退で制御不能に・・・







 2011年のワールドカップで優勝し、2012年のロンドン五輪でも銀メダルという好成績を残したサッカー女子日本代表、通称『なでしこジャパン』。しかし、今年2016年の夏に行われるリオ五輪については、出場確実と言われていた中でまさかの最終予選での敗退となってしまいました。

 このリオ五輪の出場を逃したことにより、メディアなどでは「なでしこジャパン崩壊」とも言われていますが、そこにはベテラン組の若手へのいじめが原因にあったと言われています。澤穂希選手の引退によってこのいじめの制御が不能になったとのこと。

 リオ五輪最終予選後に、なでしこジャパンを世界一にまで押し上げた佐々木則夫監督は勇退し、史上初の女性監督である高倉麻子氏が就任しましたが、果たして高倉新監督はなでしこジャパンを立て直せるのでしょうか?詳細は次のページからご覧ください。