【エコノミークラス症候群の解消】アルピニスト・野口健が熊本地震の被災者のために作った「テント村」がTwitterで話題に!!※動画あり







14日の夜に熊本地震が起きてから、避難所などで寝泊まりしている人がたくさんいます。

避難所ならまだしも、そこにも入れずに車で寝泊まりする人も大勢います。

そこで新たに問題になってきたのが、「エコノミークラス症候群」でした。

これを解消しようと、いち早く立ち上がったのが、アルピニストの野口健さんでした。

彼は少しでも被災者に安眠してもらえるようにと、テント村を設置したのです。

今回はその時の実際の映像や被災者からの感謝の声を紹介していきたいと思います。

詳細は次ページからご覧ください!!