【険悪ムード】選抜高校野球で起きた大会存続危機にまで関わるルール違反→問題のシーンがコチラ※動画あり












ルール違反の内容とは

事件が起こったのは、第88回選抜高校野球大会第4日目の第3試合秀岳館対花咲徳栄戦でした。

4回の秀岳館の攻撃の時に、球審が二塁走者に対して「サイン盗みの疑い」があるとして注意をしたのです。

通常、捕手のサインを見て、打者に球種やコースを教える「サイン盗み」はルール違反とされています。

潔白を訴える秀岳館側と、抗議を続ける花咲徳栄側とで食い違いが生じ、険悪ムードが漂ってしまいました。

これに対するネットの反応

・高校野球らしくもっと魂で闘って欲しかったなぁ


・サイン盗みは野球経験者からよくやることだけどな

・スポーツマンシップに則って正々堂々戦いましょう

サイン盗みの一部始終の映像は次ページからどうぞ!!