【涙腺崩壊】心臓に障害を持って生まれてきた一人の赤ちゃん→「もう間に合わないかもしれない」と言われながらも懸命に闘った結果・・・※ハンカチ必須







あなたには最愛の子供が病気で亡くなりそうな人の気持ちが分かりますか・・・?

これはアメリカ在住の一人の赤ちゃんと、それを支える人たちの感動の物語です。

その赤ちゃんは生まれつき、心臓病を患っており、懸命な闘病生活をするもなかなか回復せず、心臓移植のドナー提供者が現れるのを待つしかない状況でした。

しかし、なかなかドナー提供者が見つからず、病状は悪くなるばかりで、担当している先生からも「もう間に合わないかもしれない」と言われていました。

そんな状況の中、赤ちゃんに奇跡が起きたのです。