【ショーンKに続き…】藤原竜也に経歴詐称発覚!所属事務所大慌て・・・【衝撃の過去】












藤原竜也について

 藤原竜也氏といえば、15歳の時に俳優としてデビューし、その天才的な演技力の高さで数々の賞を受賞してきた実力派俳優である。『DEATH NOTE』の主人公・夜神月役や、『カイジ 人生逆転ゲーム』の主人公・カイジ役などは有名ではないだろうか?

 そして2016年は、3月19日から公開されている映画『僕だけがいない街』の主人公・藤沼悟役を演じている。『僕だけがいない街』とは、月刊ヤングエースで丁度2016年3月発売の雑誌まで連載されていた漫画が原作である。

 過去に戻って直後に起こる事件などの悪いことの原因を改善しないと、直前の場面に何度も時間が巻き戻ってしまうリバイバルという特殊能力を持つ主人公の藤沼悟。そんな悟が小学5年生だった1988年にリバイバルし、連続誘拐殺人事件を解決して未来を変えていくという物語である。


取材にて経歴詐称発覚!

 3月16日に、読売テレビで放送されている「す・またんという番組のインタビューに応じた藤原氏。前述の出演映画『僕だけがいない街』に出てくるリバイバルにちなんで、やり直したい過去についての質問を受けた。

 藤原氏は芸能界に入る前はサッカー少年で、「俳優ではなくサッカー中心で生活していたらどうなるのか過去に戻ってみてみたい」とインタビューの中で語った。しかし、その中で経歴詐称が発覚したのである。

 藤原氏は芸能界に入る時に送った資料の中に、「埼玉県選抜の補欠」「秩父市選抜でレギュラー」と記述していたという。この記述が嘘であったことをインタビューの中で告白したのだ。

 実際の所、秩父市の選抜チームには選ばれてすらいなかったとのこと。もしリバイバルできるなら、その時に戻って謝罪したいと藤原氏は語っていた。