【悲報】「哲学の木」が倒され、観光スポット消失…立ち入り禁止の畑に侵入する等マナー違反が絶えず!【地主大激怒】












 2016年2月24日、北海道美瑛町にある「哲学の木」と呼ばれているポプラの木が倒され、観光スポットが1つ消失してしまった。この場所は以前から、立ち入り禁止の畑に侵入するなどのマナー違反が絶えなかったという。

 「観光立国」を目指している日本だが、この先観光業が盛り上がれば盛り上がるほどこのようなトラブルが増えていくのではないだろうか?詳細は次のページにてご紹介する。