【子供の目にはこんな風に映っていた】フィンランドのアルコール依存症対策のCMがホラー映画並みに怖すぎる!!!!












 アルコール依存症とは酒を過剰に摂取している方々がなる病気です。酒を程よく飲もうとしても、うまく切るあげることができずに、飲み続けてしまいます。ひどい症状だと普段から手の震えが止まらなくなる人もいます。きっとアルコール依存症に悩まされている方も多いでしょう。

 フィンランドではアルコール依存症・中毒に悩まされている人が増え続け、社会問題になってしまっています。そんな問題が起きている中、フィンランドはアルコール依存症になる人を減らすためにあるCMを作りました。それはアルコール依存症になった親が子供の目にはどう映っっているのかということをテーマにしたCMなのですが、そのCMがホラー映画並みに怖すぎると話題になっています!一体どんなCMなのでしょうかね?

 それでは次のページでCMの動画を紹介しますのでご覧下さい。