【衝撃】デビット・ボウイのラストシングルの内容が計画的すぎると話題に…!「別れのギフト」【動画あり】












 1月10日にがんでこの世を去った「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」とも言われたデビット・ボウイ氏のラストシングルの内容が話題を呼んでいる。生前最後、天国へ旅立つ2日前の発売となったラストシングルの曲名は「Lazarus」

 その内容は、ファンに贈る最後のメッセージであり、別れのギフトであったとされ、あまりにも計画的すぎると驚きの声が相次いでいる。この世を去ってなお、改めて偉大なアーティストだったことを思い知らされたボウイ氏のラストシングルの詳細は、次のページにてご紹介する。