【外見より中身】72年住んでいた家を売却した96歳のおばあちゃん→その家の中が素晴らしすぎると話題に!【画像あり】












 2014年の春に、1942年から住んでいた家を売却したカナダはトロントの96歳のおばあちゃん。つまり、24歳の時から実に72年間住んでいたということになる。

 外見はどこにでもあるありふれた感じの一軒家だが、その中身が別世界だと思うほど素晴らしいと話題になっている。人も家も外見ではなく、中身こそが大事だということがよく分かる画像を次のページで紹介する。