柴田理恵、TBS『公開大捜索』で失言…被害者への発言が無神経すぎると大炎上!!












柴田理恵のある発言に注目が!

2014年7月29日、 ショッピングセンターのトイレで倒れているところ発見された和田竜人さん(仮名)。4歳頃から17年間、見ず知らずの男性の家に軟禁されていたところを脱走してきたといい、その後の記憶がないといいます。意識不明のまま保護された和田さんは、病院に搬送され熱中症と意識障害と診断されました。そんな和田さんは自分が何者なのか身元情報を求め番組に出演したのです。

番組放送中に和田さんとスタジオが中継で結ばれ、柴田理恵が語りかける場面がありました。
しかし柴田理恵は、和田さんは本当に全部を思い出したのか?どうせご両親もいないのならば、もう過去の思い出を忘れ新しい人生を送るべきなのでは?と、和田さんの今回の行動に反対するかのような発言をしたのです。

これに視聴者からは、両親がいないと決めつけたことや、自分の住所や名前がわからず仕事をするのも一苦労な和田さんに対しての無神経すぎるコメントに批判が続出しています。

続きは次ページから!!