松田聖子、紅白で郷ひろみとデュエット!テレビでは見れなかった舞台裏ハプニングとは??※画像あり

松田聖子、紅白で郷ひろみとデュエット!テレビでは見れなかった舞台裏ハプニングとは??※画像あり


女子会

毎年30日に行われる出演者全員が一同に参加する、本番さながらのリハーサル。そこでのオープニングの顔合わせには、豪華すぎる出演キャストたちが、普段見せない表情や人間関係もありました。
ドラマ『カルテット』の主題歌を歌った松たか子さんと、その作詞作曲を担当した椎名林檎さんは、ステージの中央でにこやかに談笑し、さらにそこへAIさんと渡辺直美さん、演歌界の大御所坂本冬美さんも加わり、突然の“女子会”が始まったといいます。そして、そんな大物歌手たちの集団のなか、ポツンと立ち尽くしていたのは若い女性に人気の西野カナさんでした。しかし、そんな彼女を笑顔にさせたのはTOKIOの長瀬智也さん。
「笑顔で長瀬さんに言葉をかけられると、西野さんは安堵の表情を見せ、リハが終わるころには笑顔を見せるようになっていました」と関係者は語りました。

大御所たちの関係

紅白ならではの、大御所出演者たちもリハーサルでは意外な交友関係がありました。永遠のアイドル松田聖子さんは、黒髪のストレートヘアーをなびかせ、黒ぶち眼鏡の石川さゆりさんと手をつないで登場しました。同年代の仲良しお二人の笑い声は、客席にまで響いていたといいます。そんな中、とあるハプニングが!!

松田聖子さんのすぐ後ろに“元カレ”の郷ひろみさんが接近。聖子さんが周囲を見回すように後ろを向いた瞬間、二人は見つめ合ったとのこと。たっぷり数秒、最後にうつむいて目をそらせたのは、聖子さんのほうだったといいます。久しぶりにこんなツーショットを見れるのも、紅白だからこそ!これだけでも驚きですが、このハプニングには“第二幕”までありました。

[add]

顔合わせの最後、気付くと二人は並んで立ち、笑顔で言葉を交わしていたのです。今の若い方は知らないかもしれませんが、この二人は以前つきあっていて結婚間近とも噂されていました。しかし破局、会見までひらき「生まれ変わったら一緒になろうね。」と号泣しながら語った松田聖子さん。それを思うと、いったいどんな言葉を交わしたのか気になりますよね。

舞台裏

さて今回、NHKホールに出現したセットの目玉は、ステージ上にポッカリ空いた、テレビカメラがまるごと収まるほどの大きな穴でした。きちんと場所を確認しておかないと、奈落に落ちてしまう危険があるセット。
これには、五木ひろしさんも“落とし穴”に興味津々で、横を通った郷さんをわざわざ呼び止めると、二人で穴をのぞき込みながら『これ危ないなあ』とヒソヒソ話をする場面も。最近は、歌番組がますます減ってしまったため、ジャンルを超えた出演者たちの交流や、キャスティングの様子が見れないので、こういうところでも紅白は特別な感じがします。

そして、日本だけではなく海外にも放送される紅白、極度の緊張での失敗を恐れる歌手が多いなか、念には念を入れていたのは、島津亜矢さん。演歌歌手ながら、ベッド・ミドラーの名曲『The Rose』に挑戦し、実は彼女用のモニターには、英語ではなくカタカナの歌詞が映し出されていていたとか。本番でも見事な歌唱とりゅうちょうな英語を披露しましたが、舞台裏にはこんな苦労があったのです。

さらに今回現場が騒然となったハプニングといえば、欅坂46の卒倒事件。『不協和音』のパフォーマンス中、センターを務める平手友梨奈さんら三人が過呼吸で、フラつき退場するシーンもありました。疲れとプレッシャーが溜まっていたのか、本番2日前に行われた囲み会見にも、主要メンバーでは平手さんだけが不参加でした。いま思えば、あれが“過呼吸”の前兆だったのかも…という声もありました。

毎回視聴率が下がっていく紅白ですが、やはり普段テレビに出演しない大御所たちの素顔を見れるもの、紅白の特権ではないでしょうか。ぜひ、これからも続けてほしいと思います。

※ 合鍵を材料費0円、しかも5分で作る方法が話題に!これで万が一の時もひと安心・・・

※ 【闇深】日本エレキテル連合が現在、テレビから消えた理由が明らかに!!→芸能界怖すぎるだろ・・・

※ 油性ペンが出なくなった時に復活させる方法!あるものを使うだけですぐに使えるように!!

※ 【闇深】本田望結の兄弟は本当は5人だった!?長女が一切メディアに出ないのには驚きの理由が・・・

※ ほとんどの人はトイレの座り方で間違いを犯し、がんになるリスクを高めている!洋式で出来る正しい座り方はこちら・・・

※ 業務スーパーで買っちゃダメな商品がヤバすぎるwww安さに騙されちゃダメ!!※画像あり



よく読まれている記事

芸能カテゴリの最新記事