平和主義者は攻められたらどうするの?憲法第9条をめぐる学生と教授の論戦が話題に!!※動画あり












戦争というのは、通常嫌なものですし、避けるべきものと考えられています。
戦車や戦闘機、銃などの兵器を格好良いと思う人々はいるでしょうが、彼らにしてもそれを用いて積極的に人を傷つけ、殺めたいと思っているわけではないはずです。

しかし、いくら戦争が嫌だとしても、どこかから攻められた場合にはそうも言っていられません。
泥棒に入られないように自宅へ施錠するのと同様に、何らかの対処をする必要があります。

今回は戦争の放棄を謳った憲法第9条をめぐる、ある学生と教授とのやり取りをご紹介します。
詳細については、次ページからご覧ください。