【挑戦的】日系と横山三国志とのコラボ広告が斬新すぎる→朝日新聞への皮肉が効いていると話題に・・・※画像多数あり

【挑戦的】日系と横山三国志とのコラボ広告が斬新すぎる→朝日新聞への皮肉が効いていると話題に・・・※画像多数あり


あの新聞社への皮肉では?

日経新聞が展開しているのは、横山三国志とのコラボ広告です。
特に築地駅にある広告は、特別それを感じさせます。

築地には、朝日新聞の東京本社があるため、この広告の皮肉が効いているように感じてしまいます。
「朝日新聞」のことだと書いてあるわけではありませんが、見れば見る程、わざとのように感じられます。

「エビデンス?ねーよそんなもん」と朝日新聞の論説委員がコラムなどで書いていることが見つかっており、かなりの批判を受けています。
そのこともあってか、この広告を見ると、やはり朝日新聞のことを言っているのではないかと思わずにはいられません。

日常あるあるネタ

全部で50種類ある広告の中には、日常でも「こんなことあるな」と感じてしまういろいろなシーンが織り込まれています。

自分が知らないことでも、話を合わせるために、こうやって発言してしまうことは多くありますよね。
自分の意見を述べるより、こういうふうに話を合わせることって多くありませんか。

しかし、話を合わせ続けるのも実は大変なこと。
最終的には手詰まりになってしまって、こんな状況になることもありますので、気をつけなければいけませんね。

[add]

日本企業へのメッセージ?

また、ブラック企業への皮肉ともとれる広告もありました。

有無を言わさないワンマン経営の結果、働きすぎて命を奪う結果になってしまったり、不正によって企業が傾いたりすることもあります。
最近の日本社会に対する皮肉のようにも感じてしまいますね。

また、下からどんどん優秀な若者がやってくることへの恐怖は、どこの世界にもあるかもしれません。
出る杭は打たれるとはいいますが、若手の成長を阻害しても、誰も成長することはできません。

その恐怖に打ち勝ち、自分の成長につなげることができるようにならなければいけないのかもしれませんね。

いかがでしたか。いろいろと教訓になるような内容がありましたね。
全部で、50種類あるそうですから、他の広告を探してみるのもいいかもしれません。

広告を展開しているのが日経新聞ですから、朝日新聞だけでなく、いろいろな企業に向けてのメッセージが込められているのかもしれませんね。
どれがどんな企業に向けたものなのか、考えてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

※ 【闇深】本田望結の兄弟は本当は5人だった!?長女が一切メディアに出ないのには驚きの理由が・・・

※ ほとんどの人はトイレの座り方で間違いを犯し、がんになるリスクを高めている!洋式で出来る正しい座り方はこちら・・・

※ 業務スーパーで買っちゃダメな商品がヤバすぎるwww安さに騙されちゃダメ!!※画像あり

※ 合鍵を材料費0円、しかも5分で作る方法が話題に!これで万が一の時もひと安心・・・

※ 【闇深】日本エレキテル連合が現在、テレビから消えた理由が明らかに!!→芸能界怖すぎるだろ・・・

※ 油性ペンが出なくなった時に復活させる方法!あるものを使うだけですぐに使えるように!!




よく読まれている記事

驚きカテゴリの最新記事