『 池の水をぜんぶ抜く』の裏側…番組プロデューサーが語る、絶対に映せないモノとは??※画像あり












プロデューサーが明かした映せないものとは?

外来種が大量発生し困っているという池の水を全部抜き、 そこに何が潜んでいるのかを大調査する番組。視聴率も右肩上がりなだけではなく、回を重ねるごとに反響を呼び「池の水を抜いてほしい」というオファーもひっきりなしなんだとか!
そもそもなぜこんな番組ができたのかと言うと、ある事件のニュース番組で警察が池の中を捜索している映像をたまたま見たプロデューサーが見て思い立ったのが発端のよう。ただ、池の水を抜けばいろんな物が出てくるとは思いつつも、面白くなる確信はなく番組はスタート。しかしその、何が出てくるのかわからないと言うワクワク感が、逆に視聴者を虜にし大人気番組となったのでした。

そんななか、伊藤プロデューサーは今まで池の中からテレビでは映せないものが出てきたことを告白。
それはなんと“おとなのオモチャ”なんだとか!しかも意外と多く捨てられていたんだとか。
決して番組では明かされることのない裏話にSNS上では密かに話題になっています。

続きは次ページから!!