【ノンフィクション】結婚の挨拶で和風美人を連れてきたオタクの兄。酔った勢いで「なんで兄?」と尋ねたら・・・












私の兄

私の兄はかなりのコミュ症で私たち家族にですらおどおどしながら会話するほどでした。

そんな兄が先日、結婚したい人がいると言って相手の方を連れてきました。

両親は大喜びしていましたが、私は正直、結婚詐欺で騙されているんじゃないのかと思っていました。

兄が連れてきた女性

その女性はかなりの美人さんで、すごく礼儀正しく、兄にはもったいないぐらいの人でした。

話を聞くと、兄とは小学校の同級生で私の先輩に当たることがわかりました。

両親が気を良くして家でお酒を飲みながら食事をすることになりました。

その時に私とその女性の二人きりになったことがあったので、お酒の力を借りて、「なんで兄なんですか?」と聞いてみました。

すると驚きの答えが返ってきたのです。

続きは次ページから!!