一週間生きることが難しい「無脳症」→奇跡的に1歳になって、母に伝えた言葉に涙が止まらない。。。※画像あり












一般にはよく知られていない病気のひとつに「無脳症」が挙げられると思います。

「無脳症」は、神経学的奇形症のひとつで、大脳半球が欠損してまったくないか、小塊に縮小している病気です。

通常、無脳症を発症した胎児を出産できたとしても、75%は死産となってしまいます。
また生後一週間以上生き続けることが非常に困難なため、残り25%のほとんどは、生後間もなく亡くなってしまいます。

無脳症の子どもが、長い間生き続けることは非常に困難なことです。
しかし、今年の8月に1歳になった無脳症の子どもがある奇跡を起こしました
一体、それはどのようなことだったのでしょうか。

詳細は次ページから!!