人気のない歩道橋、一人下を見ている女性。最悪の事態を想定して声をかけたらまさかの展開に・・・












深夜の帰り道

その日、私は仕事が立て込んでいて、帰りがかなり遅い時間になってしまいました。

私の帰り道には歩道橋があるんですが、普段は人気のない道でほとんど人がいないんですが、

その日は、歩道橋の上からずっと下を覗いている女性が一人いたのです。

歩道橋にいた女性は・・・

その女性はどこか暗そうな顔をしていて、今にでも飛び降りそうな感じでした。

それを見た私は、いてもたってもいなくなり、走ってその女性のもとに駆け寄り、

「そんなことで命を無駄にしてはいけない」と声をかけました。

すると女性は、「私、死のうとしてるわけじゃありませんよ」と言いました。

私は歩道橋の下を見て衝撃の事実を知ることになりました。

衝撃の事実は次ページから!!!