GACKTが現代女子のハイブランド志向に苦言→その回答が的確すぎると話題に!!












誰もが羨むブランド品。女性ならば誰でも一度は身に付けたいものですよね。

しかし、最近は身の丈に合ってないブランドを身に付けている女子が多すぎるとGACKTが苦言を言いました。

ブランド品を身に付ける為に

GACKTが苦言を言っているのは、現代の女子高生などの若年層が、自分のお小遣いではとても買えないような高級ブランドをいくつも所持していることでした。

GACKT曰く、こういうブランド品を手にいれるために、「身売り」をしている女子が想像以上に多いといいます。

また、日本みたいにブランド志向が高いのも珍しいらしく、日本人の思考にも大きく影響しているみたいですね。

次のページでは、実際にGACKTが展開した苦言をご紹介いたします。