加藤浩次vs政治家・吉良よし子→狂犬炸裂の様子がやばすぎる・・・※動画あり












事の発端

番組の終盤で、加藤さんに噛みつかれたのは、共産党の吉良よし子参議院議員

自衛隊は違憲だけど、今すぐなくそうとは言ってない。まずは自衛隊なんかいなくても安心できる平和な国際社会を作りろう、と。それがあって、みんなが納得できたら自衛隊をなくそう

「憲法改正」についての議論をしていたときのこの発言が、加藤さんにとって納得できるものではなかったのでしょう。
「でも、それ(自衛隊が必要ない国際社会を作ること)日本で出来ます?」という言葉を皮切りに、吉良議員を追い詰めていったのです。

理想論を展開

それに対して、吉良議員も「日本だけじゃない、外国も含めて」と反論をしますが、それに対しても、加藤さんは容赦なく追求していきます。

北朝鮮が本当に日本に向けてミサイルを飛ばしてきたときに、自衛隊がなくなっていれば、日本は自衛の手段がありません。
それに対する加藤さんのツッコミに対して、吉良議員は「自衛するのは当然の権利」としていますが、自衛隊がなくなってしまったときに、どうやって自衛するというのでしょうか。

理想論を語る共産党の見解を見かねたゲストの宇野常寛さんが助け舟を出したのですが、加藤さんのヒートアップした状態は収まることはなく、さらに吉良議員を追求していったのです。

追い詰められた末

「共産党も『自衛隊』は必要だっていうことですね」と詰め寄る加藤さんに、吉良議員は言葉を詰まらせます。
「違憲だけどすぐになくせとは言っていない」などと、違う言葉にすり替えて、その場を逃れようとしますが、加藤さんはそれを許しませんでした。

加藤 「違う、違う、違う! 聞きたいのは、共産党さんはやっぱり「自衛隊は必要」だと思っているということですね?」

吉良 「えっと、現時点では…」

加藤 「いや必要か必要じゃないかを言って下さい!」

吉良 「なくすことを強行することはできないけど……」

加藤 「ていうことは、必要ってことだ!」

執拗に追及する加藤さんの姿勢に、ネット上では賛辞の声が溢れました。

日本が置かれている状況を現実的に考えれば、自衛隊を違憲だと言って解体してしまえば、自衛する手段すら失ってしまいます。
そのような状況で、実現不可能な理想を政治家が語ることに違和感を覚えている人も多いのではないでしょうか。

理想を掲げるのも大切なことですが、それは実現できてこそ意味があるものです。
政治家の皆さんには、現時点で日本が置かれている状況を把握して、それに見合った判断をしてほしいものです。

※ ほとんどの人はトイレの座り方で間違いを犯し、がんになるリスクを高めている!洋式で出来る正しい座り方はこちら・・・

※ 業務スーパーで買っちゃダメな商品がヤバすぎるwww安さに騙されちゃダメ!!※画像あり

※ 合鍵を材料費0円、しかも5分で作る方法が話題に!これで万が一の時もひと安心・・・

※ 【闇深】日本エレキテル連合が現在、テレビから消えた理由が明らかに!!→芸能界怖すぎるだろ・・・

※ 油性ペンが出なくなった時に復活させる方法!あるものを使うだけですぐに使えるように!!

※ 【闇深】本田望結の兄弟は本当は5人だった!?長女が一切メディアに出ないのには驚きの理由が・・・