【悲惨な現実】ある小学生の作文『うちは生活保護なので、月1回しかディズニーランドに行けません』この内容に親騒然…→その子の現在はというと・・・












子供の頃、父兄参観日に作文を読まされた時のエピソード。
生活保護とか在日とか何も知らなかった頃の話…同級生のひとりが読んだ作文。

「うちのおかあさんはひとりで苦労して、わたしを育ててくれました。
わたしが家に帰ると、いつもおかあさんはおやつを用意して待っててくれます。
おかあさんはせいかつほごではたらいてないから、いつもわたしをお家で待つことができるんだと言います。」

さて、気なる続きは…次のページからご覧ください。