【衝撃の結末】父に捨てられ、家出し金も尽きた私…援助交際をしようとした結果…












私は高校生、両親が離婚し、父方に引き取られた。しかし、父の度重なる身勝手な行動に嫌気がさした私は、家を飛び出し、一人暮らしをすることにしたが、お金はすぐに底をついた
両親の離婚により、大学を受験しようとしていたが、半ば諦めることを余儀なくされ、どうしても父親が嫌だったので、一人で家を飛び出した…遠い場所まで逃げた。

ここは冬の北海道、家出はつらい。考え事をしたいだけなのに、寒くて外にはいられない。
怪しまれないように、ネカフェを転々としてお金はどんどん減っていった。

そして、最悪の決断をした。
自暴自棄になり何もかもが嫌になっていた私は、身体を売る決意をした。援助交際をしよう。身体を売ろう。
街に立って親切そうな人に、こちらから声をかけることにした。良さそうな人はなかなか見つからない。
ようやく優しそうな30代くらいの人に目を付けた。

気になる続きは…次のページをご覧ください。