【感動】憧れのC.ロナウドと対面!テロで孤児になったレバノンの少年に世界が涙した・・・【動画あり】












レバノンで自爆テロ

 2015年11月12日に、レバノンの首都「ベイルート」で自爆テロが発生し、280人以上の死傷者が出てしまった。テロの被害に遭ったムスタファ一家は3歳になるハイダル君だけが生き残りハイダル君の両親は犠牲となってしまう。まだ3歳になる子供が突然、両親を失ってしまう。ハイダル君自身も怪我を負ったが、心にはもっと大きな傷が残ってしまっただろう。

 辛い思いをしているハイダル君を救ってあげたいと、ラナ・ハルビ氏というレバノン人ジャーナリストが立ち上がった。ハイダル君は「世界最高のサッカープレイヤー」と評される『クリスティア―ノ・ロナウド選手』の大ファンだった。そこで、SNSを使ってハイダル君がC.ロナウド選手と対面できる場を設けるための支援を呼びかけた。そして・・・