【悲劇】自転車が盗まれた!しかしその自転車は修理の途中でブレーキが壊れていた。数分後・・・・・












ある日わたしは夫と自転車の修理をしていた

修理をするついでにチェーンに油を塗ったりなどの整備を行って

キリがいいところで一旦やめお昼ご飯を食べるために玄関前に自転車を置いて家の中に入った。

お昼ご飯を食べながら壊れた前ブレーキをどうするか?

夫が乗る自転車なら部品を買って自分で治すのだが、息子が乗るから自転車屋に頼むべきか?と話し合っていた!

ちなみにその自転車は子供向けの自転車だが後ろのブレーキは競技用の自転車と同じ仕様になっている。

そのためハンドルの左側にブレーキをかけるためのレバーはなく、ペダルを逆に回すとブレーキがかかるようになっている。

お昼ご飯を食べ終えたので外へ出ると自転車が見当たらない!

わたしは少しフリーズした・・・・

まさか盗まれた!?とようやく理解できた!

とりあえず警察に連絡をして10分ぐらいで来てもらうことになった!

そして数分後・・・・衝撃の展開に。

気になる続きは次のページからご覧ください