【ママ行かないで】普段決して泣き言を言わない娘のこの一言で私の命が救われるなんて・・・












パートに向かおうとする私に対して娘が

私はいつも通りパート先に行こうと準備していたんですが、突然、娘が「ママ行かないで」と泣き始めたのです。

いつもは泣くこともなく、笑顔で私のことを送ってくれるのに、その日は一切私から離れようとしなかったのです。

パート先に遅れると連絡をして、娘が泣く止むまでずっと離れずにそばにいました。

娘も落ち着いたので、テレビをつけてみるとそこにはとんでもない光景がありました。

私が時間通りにパート先に向かっていたら・・・

テレビには私が通勤の時に使っているバスが、電柱に衝突している事故現場が映し出されていました。

時間的にも、もし私が普通にパート先に向かっていたら乗るであろうバスでした。

乗客は何十人も怪我をし、中には亡くなった方もいました。

私はその時、娘に命を救われたと思いました。

そしてすでに眠りについていた娘を起こして事故があったことを説明しました。

すると娘は私に向かって衝撃の言葉を言ったのです。

続く