「妹は暇じゃない」自閉症の妹をバカにされた小学生の兄の行動が胸打たれると話題に!!












昔よりもはるかに優しくなった自閉症へ向けられる世間の目。しかしそれは完全に世間が障害を持つ存在自体を受け入れているわけではなく、あくまでも変わりつつあるだけです。未だに多くの人が障害を持つ人への偏見は根強く、無意識に人を傷つけることもしばしば…。今回ご紹介する話も、自閉症を持つ子供への偏見が原因と言えます。この話の女性には、とても元気な小学6年生の息子と、自閉症のため自宅で過ごすことが多い小学4年生の娘がいました。そんなある日、小学校の先生が女性の家を訪ねてきます。訪問の理由は、女性の娘に対して差別的な発言をした謝罪だというのです。いったい学校で何があったのか、詳しくは次ページでどうぞ。