お世話になった大家さんの葬式に参列→そのとき娘さんから聞いた、貸家の正体は鳥肌モノだった・・・












人にとって住む場所はとても大切です。だからこそ慎重にもなりますし、交通の便や商業・公共施設、間取りや収納スペースなどこだわりだしてしまったらキリがありません。これらと同じ、それ以上に大切なのが良い大家に当たるかどうかではないでしょうか。家を借りている間はそれなりに良い関係でありたいですよね。今回ご紹介するのは、ある男性と奥さんが住んでいた賃貸の話です。2人が選び住んだ家の大家は良い人だったそうで、転勤をしてその地を離れても交流をするほどの仲になり良い思い出となっていました。あの過去の出来事を知るまでは…。詳しくは次ページでご覧ください。