信号無視したバイクと轢かれそうになった小学生→目撃した白バイ警官の行動に賞賛の嵐!!












すべてを見ていた一般市民

それはある白バイ警官が取った、バイクの信号無視事件の話です。一部始終を目撃したその女性は、自転車でいつものようにショッピングモールに向かっていました。自宅からその場所までは約10分ほどの距離で夕刻の少し前だったといいます。順調に走って来ると、横断歩道の信号が赤だったので女性は停車。歩道側の信号が切り替わるのを待つことになったそうです。反対側付近には白バイの警官、自分の隣には小学生の男の子もいる事に気づきました。

そして歩道の信号が青へと変わり、男の子も女性も横断歩道へと進んだその時。物凄いスピードのバイクが1台、横断歩道へと突っ込んできたのです。女性よりも少し前の位置を歩いていた小学生とぶつかる、女性はとっさに「危ない!」と叫ぶことしかできませんでした。幸いにも男の子はバイクを避けられたのか、小さな体だけが転がりました。女性はあわててすぐに男の子へ駆け寄ったのです。

白バイ警官の驚くべき行動

「大丈夫!?」と声をかけながら女性は男の子を抱きかかえていると、前から走ってくる人物が。それが、あの反対側付近にいた白バイの警官だったのです。

「怪我はしてないかな?少し見せてね」

白バイといえば、違反車両を見つけたらどこまででも追いかけ捕まえるイメージだった女性は驚きました。違反者の逮捕よりも、違反者によって転倒した男の子を気遣いこちらにきたのです。女性は思わず警官に声をかけました。

「あのバイクは捕まえないんですか…?」

女性は警官が男の子へ駆け寄った事が不思議で、聞かずにはいられませんでした。すると、白バイ警官はこう女性に言ったそうです。

「違反者を捕まえることも大事ですが、将来有望な子ども達を救うほうが何百倍も大事です。
それに、私があのバイクを追いかけなかったことで誰かに咎められたとしても、私は構いません」

白バイ警官は機械ではない

女性は白バイ警官の言葉に胸が熱くなるのを感じました。実際、バイクを避けて転倒した男の子は膝を擦りむき大量の血が出ていて、女性も信号無視をした違反車両より男の子の心配が先にありました。白バイ警官が、当たり前のように違反車両を追いかけることも決して間違ってはいません、むしろそれが仕事だと責める人もいるでしょう。ですが、女性は市民の命を優先してくれたことが何よりも嬉しく感じたそうです。この記事を読んでみなさんがどう感じているかは分かりませんが、もし今回が足の怪我ではなく、命にかかわるようなものだったとしたら。その時、白バイ警官が仕事を優先していたら…男の子は死んでいたかもしれないと考えると、白バイ警官のこの行動は誰も責められるものではないのでは、そう感じました。

※ 金メダルを獲得した内村航平選手に失礼記者が悪質質問→それに対して、ライバル選手が放った怒りの一言とは・・・??※動画あり

※ ユッキーナ、ベッキー不倫騒動に対して「いろいろあったと思うけど…」→そのコメントが世間の声を代弁していると称賛の嵐!!

※ ホリエモン「寿司職人が何年も修行するのはバカ」→このツイートに対する、松本人志の意見に賞賛の嵐!!

※ 松井秀喜が「5打席連続敬遠」で敗れた試合後、次のバッターにかけた感動の一言とは・・・??※動画あり

※ 欽ちゃん、24時間テレビのギャラ交渉の際「こんな金額じゃ、出られるわけ無いだろう。おまえたち出直してこい!」→あなたにこの言葉の真意が分かりますか??

※ ドイツ代表GK・ノイアー選手が緑から赤のユニフォームに変えた試合があった。→その理由を知った時、日本人が涙する結果に…※動画あり