イルカに衝突されたフグがおもしろいw→実はイルカがドラッグ遊びをしていた!?!?※画像あり












フグの何とも言えない顔

「Kimiko奇米子さん(@queeniekimi)」がTwitterに投稿し、話題になった画像をツイートそのままご紹介させて頂きます。

投稿者であるKimiko奇米子さんもコメント欄に「wwww」と付けてフグがイルカに衝突されていることに笑いをこらえきれない様子です。ツイートは瞬く間にRTされ、誰もがマヌケな姿のフグを笑い、イルカの遊ぶ姿にほっこりしたことでしょう。ですが、真実はそうではなかったのです。この写真は、たまたまフグに衝突した写真ではありません。イルカが遊び相手欲しさにフグをつついているわけでも無いのです。

イルカたちのドラッグ遊び

この画像でイルカが咥えているのも“フグ”です。実は、イルカは『フグを使ってドラッグ遊び』をすることがあるのをご存知でしょうか。優しく噛んだり、上の見出しで取り上げた画像のようにつついたりするのは、こうすることでフグは防衛のために毒(テトロドトキシン)を放出すると知っているからです。そしてイルカは「待ってました!」とばかりにその毒を海水で薄めて吸い込み、海水で薄まったフグの毒を吸い込んだイルカはトランス状態になります。

まるで、薬物を取り込んでしまった人間のように、イルカも毒で気分がハイになったりすると上の画像のような姿を晒すことがあるのです。知能が高いからこそ、こういった遊びを思いついてしまったのかもしれません。はじめの画像の意味を知らなければ、「イルカ可愛い!」で終わりでしたが、あんなに可愛いイルカにも薄暗い部分があるなんて驚愕ですよね。

ネットの反響

ネットではイルカの行動の意味を知る人とそうでない人の反応がまったく違い、見ていると違った楽しさがあります。まずはイルカのドラッグ遊びを知らない人の反応から掲載させて頂きます。

筆者も知らなかった部類の人間なので、フグの顔に笑っていました。ですが、真実を知る人はこのような方からはこんなコメントがありました

イルカの遊びに付き合わされるフグが1番かわいそうで、まさか身を守るために備わった毒がまさか遊びに使われる日がくるなんて思っていないでしょう。これが人間の世界ならすぐに警察がかけつけて逮捕となりますが、残念ながら彼らを取り締まる動物はいません。いつか彼らが自分からドラッグ遊びをやめてくれるのを待つしか無いのが歯がゆいですね。

※ ユッキーナ、ベッキー不倫騒動に対して「いろいろあったと思うけど…」→そのコメントが世間の声を代弁していると称賛の嵐!!

※ ホリエモン「寿司職人が何年も修行するのはバカ」→このツイートに対する、松本人志の意見に賞賛の嵐!!

※ 松井秀喜が「5打席連続敬遠」で敗れた試合後、次のバッターにかけた感動の一言とは・・・??※動画あり

※ 金メダルを獲得した内村航平選手に失礼記者が悪質質問→それに対して、ライバル選手が放った怒りの一言とは・・・??※動画あり

※ 欽ちゃん、24時間テレビのギャラ交渉の際「こんな金額じゃ、出られるわけ無いだろう。おまえたち出直してこい!」→あなたにこの言葉の真意が分かりますか??

※ ドイツ代表GK・ノイアー選手が緑から赤のユニフォームに変えた試合があった。→その理由を知った時、日本人が涙する結果に…※動画あり