15歳で妊娠するも彼氏に見放された少女→母親の贈った言葉が20年後に胸に突き刺さる。。。












若くして愛し合った男性との間に子どもを授かる、そして男性は一方的に拒絶して無視したあげくその両親も逆ギレに知らんぷり・・・。まるでドラマの世界のような話ですが、実際にこういった理由からシングルマザーになってしまう女性は少なくありません。今回お話する少女も15歳で妊娠したものの、男性は音信不通になってしまったのです。ですが少女は「絶対に中絶なんてしたくない、赤ちゃんを生みたい」と自分の母親に相談することにしました。まさか母親が少女に贈ったあの時の言葉の意味が、20年後になって分かるとは思わなかったのです。次ページにて詳しくご紹介します。