【世界激震】13年間行方不明だった少年が見つかる!→誘拐犯の正体は父親!?












こうしている今も、1分1秒単位で起きている世界中の“事件”。日本でも数え切れないほど大小事件はありますが、アメリカは多種多様な人口の多さもあって日本よりもはるかに多くさまざまな種類の事件が起きています。現在ネットで話題になっている事件の舞台もまたアメリカ。しかも事件の被害者自ら『自分は誘拐されている』と突然ある事が理由で気付いてしまったというまさかの事例です。5歳の頃に行方不明になったジュリアン・ティベリウス・ヘルナンデスさんが発見されたのは13年後の18歳。なぜ彼は自分が誘拐されている子どもだと知ってしまったのか、そしてその犯人とは・・・。次ページで詳細をご覧ください。