【原因…】「怒り新党」打ち切り終了の本当の理由は何??→真相をご覧ください・・・







『怒り新党』について

テレビ朝日の看板番組とも言える『怒り新党』は2011年から続く比較的長いもので、2012年3月に「ギャラクシー賞」月間賞を受賞するなど、人気も高いものでした。
2016年3月には夏目三久アナが卒業するといった出来事もありましたが、概ね安定したといえるでしょう。

その番組が、どうして終了するのか。
テレビ解説者であり、コラムニストの木村隆志さんによれば、以下の3つの要因が考えられるとのことです。

1.怒りや毒舌が飽きられつつある
2.同番組後半コーナーの行き詰まり
3.マツコ・有吉両氏のスタンスの変化

番組終了の3つの要因

1、怒りや毒舌といった方向性は、日テレ系の『行列のできる法律相談所』やフジ系の『バイキング』など他番組でも取り上げられるようになり、飽きられつつあること。
カンニング竹山さんや坂上忍さん、梅沢富美雄さんといった怒りや毒舌系のタレントも増えていますよね。
もうそろそろ違う方向へ、ということなのでしょう。

2、同番組の後半コーナー「新三大〇〇調査会」の行き詰まりが挙げられます。
男性ファン向けとされていた同コーナーは、しかしネタ切れも起こしていたようで、木村隆志さんもディレクターさんらから何度もネタ提供を求められていたようです。

3、MCのマツコさん、有吉さんのスタンスの変化が指摘されます。
大物になったおふたりはしがらみも増え、あまり各所を刺激するような毒舌を吐けなくなっているという事情があります。
そこで、スタンスを徐々に変化させ、怒りや毒舌だけではない魅力を発信していく必要が出てきたということです。

※ 欽ちゃん、24時間テレビのギャラ交渉の際「こんな金額じゃ、出られるわけ無いだろう。おまえたち出直してこい!」→あなたにこの言葉の真意が分かりますか??

※ 金メダルを獲得した内村航平選手に失礼記者が悪質質問→それに対して、ライバル選手が放った怒りの一言とは・・・??※動画あり

※ 松井秀喜が「5打席連続敬遠」で敗れた試合後、次のバッターにかけた感動の一言とは・・・??※動画あり

※ ドイツ代表GK・ノイアー選手が緑から赤のユニフォームに変えた試合があった。→その理由を知った時、日本人が涙する結果に…※動画あり

※ 「鈴木健」最後の打席で、相手チーム・村田の男気溢れるプレイに球場が感動の渦に包まれた。。。※動画あり