【衝撃】小学校集団食中毒「ノロのり事件」海苔メーカー→下請け会社社長のインタビューが一切、悪びれる様子がない…







2月17日に発生した、東京の立川市の小学校での集団食中毒事件。
ノロウイルスが児童や教職員ら1000人以上に感染し、児童9名が入院する事態になりました。
幸い今では全員が退院しているとのことですが、一歩間違えれば大惨事になりかねなかったところであり、恐ろしいものを感じます。

ノロウイルスの感染源として判明したのは、給食センターで調理された親子丼に掛けられていた「焼きのり」。
大阪市内の海苔メーカー「東海屋」の製品である『キザミのり』の一部から、ノロウイルスが検出されたとのことです。

その東海屋の下請け会社「いそ小判海苔本舗」の社長がメディアの取材に応じたのですが……。

詳細については次ページから!!