【怪奇】13年間行方が分からなかった少年→本人も気づいてなかった誘拐犯の正体にゾッとする・・・












13年間行方が分からなかった少年。

無事発見されるものの、

本人ですら気づいてなかった

誘拐犯の正体とは・・・。

自分は誘拐されていた!

ジュリアン・ティベリウス・ヘルナンデス(18)氏は進学の手続きをしようとしたところ、なぜか自分の名前と社会保障番号が一致しなかった。調べてみると、なぜか自分は「誘拐」されたとされ、行方不明者の欄に登録されていた。

しかも、登録されたのは5歳の時で、実に13年間誘拐された行方不明者という扱いになっていたのだ。

では、一体誰がヘルナンデス氏を誘拐したのだろうか?

ゾッとする誘拐犯の正体は・・・

衝撃事実は次のページで!