【ウルっ】ボケているおじちゃんの2度目の「結婚してください」に涙が止まらなかった。。。












俺のおじいちゃんは物知りで、運動神経もよく、

俺はいろんなことを教えてもらったり、

一緒に遊んだりしてもらっていた。

俺はそんなおじいちゃんが大好きだった。

しかしそんなおじいちゃんが最近、

認知症になり俺のことを忘れてしまった。

最初の方は家族のことは覚えていたんだけど、

だんだんボケが進行していき、

家族のことも忘れてしまった。

そんなある日、

家族みんなで家で食事をしていたとき、

おじいちゃんが驚くことを口にした。