【号泣】物心ついた頃から聴覚障害だった俺。産んだ親を恨んでいたが、衝撃の事実を知り涙が止まらなかった・・・












俺は小さい頃から耳が不自由で、

会話をするのもいつも手話だった。

そんな自分の体が許せなく、

しまいにはこんな身体に産んだ親を恨むようになっていた。

学生時代は、耳が不自由なこともあり、

基本的に孤立することが多かった。

そんな俺も成人を迎えたある日、

小さい頃から担当してくれていた病院の先生に呼び出された。

何か俺の耳にさらなる異常が起きたのかと、

不安になりながら病院に向かった。

そこで俺は衝撃の事実を知ることになる。