【闇深】真実がついに明かされた…大食い番組の過酷すぎる舞台裏とは・・・??












1989年にテレビ東京で放送が開始された「全国大食い選手権」。そこから大食いで競う番組は大ブレイクし、ギャル曽根をはじめとして多くのフードファイターたちにも人気が集まりましたよね。
私たちとは身体の作りが違うのだろうと思い見ていた方も多いのではないかと思いますが、実はこのバトルに勝利するため、舞台裏には知られざる真実があったのです。

特異体質の選手はまれだった

ギャル曽根は特異体質であったと言いますが、彼女の場合、胃が平常時の15倍にも広がり、食後数時間でお通じが来るのだそうです。
しかし、そのような特異体質を持つ出演者ばかりではなかったようで、番組の撮影現場に居合わせた人たちにはスタッフから「競技中の写真は撮らないように」と強くいわれていたそうです。
そこにあった壮絶な舞台裏の様子は次のページでご紹介します。