【注意喚起】中国製食品の危険性を再認識!絶対に食べないでください!!※画像あり







2007年日本中を恐怖に陥れた中国の「毒入り冷凍餃子事件」覚えていますか?
COOPが販売し、これを食べたいくつかの家族が中毒症状を起こしたもので、餃子からは「メタミドホス」という有機リン系の殺虫剤の成分が検出されました。
中国側との操作が非常に難航し、その間もいくつかの農薬事件がおこっていましたが、ようやく2010年に製造工場に勤める中国人男性が逮捕され、人為的に農薬が注入されたことがわかりましたが、そうでなくても残留農薬でも充分に危険な物質が中国ではいまだに使用されている可能性があります!
その中でも非常に危険なものをご紹介します。詳細は次のページからご覧ください!