【都市伝説】ジブリの大人気映画『千と千尋の神隠し』→放映されなかった幻のラストシーンとは……??












宮崎駿監督によるスタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』
興行収入が300億円を超え、日本歴代興行収入の第1位を達成した有名アニメーション映画です。この記録は2017年1月現在、なおも破られていません。

主人公は10歳の少女、千尋。
彼女は両親と共に車で引っ越し先へと向かうのですが、その途中で立ち入ったトンネルから神々の世界へ迷い込み、「千」と名付けられて銭湯で働くことに。

摩訶不思議な世界で働く千尋と、彼女を取り巻く様々なキャラのユニークさが魅力的な物語ですが、そのラストは、トンネルを抜けた千尋の髪飾りがキラリと光り、車が走って行く、というものでした。

ところが、本来ならばこの続きとして「本当のラストシーン」があるらしいのです。
それはいったいどのようなものだったのでしょうか。

気になる詳細は次ページで!