【奇跡】アメリカで生まれた6つ子たち→生まれたときに撮った写真と同じ写真を撮ったら…※画像あり







双子が生まれる確率は、100分の1と言われていますが、これは人数が増えるたびに、0が追加されていくそうです。確率で言えば双子でも生まれてくる確率は低そうに感じますが、アメリカでは100000分の1の確率で生まれると言われる6つ子が生まれているそうです。
6つ子を授かったのは、オハイオ州に住んでいるロゾノ・マクギーさん夫妻。人口の多いアメリカでも6つ子は珍しいようで、子どもたちはアメリカ中から見守られながら、育っていったそうです。
その子供たちがどのように成長していったかをご紹介していこうと思います。