キラキラネームが増加する一方で、ある元ヤン夫婦が子供に普通の名前をつけた理由が正論すぎると話題に!!












「君の名前は。」

2016年は映画「君の名は。」が大ヒットし、その年の8月に公開され、年が明けた今でもまだ上映され続けている、超ロングヒット作品です。

「君の名は。」という通り、「名前」って、わたしたちひとりひとりに必ず与えられている個性とも言えますよね。

その名前について、2010年代に発生した「キラキラネーム」という言葉が発生しましたが、これも今ではネット上では一般的になるほど、毎年キラキラした名前をつけられた赤ちゃんがたくさん。

今やこの「キラキラネーム」の話題でネット上は大盛り上がり。

今や名前は?

学校や幼稚園では、「この名前、なんて読むの・・・?」と先生たちが首をかしげてしまうほど当て字に近い名前がちらほら・・・。

もはや、男は「太郎」、女は「花子」という時代から、男女関係なく、とにかくいわゆる「個性」が強い名前に変わりつつあります。

キラキラした名前がいい、キラキラしててなんぼ、なんだかそんな風潮になりつつあるのでは・・・?

続きは次ページから!!