【後悔のない判断】救急隊員が瀕死の男性の望みを叶え、その後下した判断に・・・考えさせられる。。。

【後悔のない判断】救急隊員が瀕死の男性の望みを叶え、その後下した判断に・・・考えさせられる。。。


ある日の深夜、高速道路で交通事故が発生しました。
救急隊の隊員がかけつけるとそこには、車体に下半身を挟まれて切断されてしまった男性の姿が。
しかし、どうやってももう助からないであろう男性は奇跡的に意識があったのです!
その男性の「最期の望み」を聞いた救急隊員がとった行動とは!?
人生には色々なアクシデントがつきものです。
今日は健康でも、明日、事故に遭うかもしれない。まったく予想はつかないものなのです。
ですから毎日を懸命に生きることが大切なのですね。
事故にあった男性と、救急隊員の気になる詳細は次のページからご覧ください!



よく読まれている記事