スポンサードリンク



【悲惨な現在】「ゲスの極み乙女。」川谷騒動で事実上の解散か!?→詳細をご覧ください・・・


ゲスの極み乙女。とは…

kaw

ゲスの極み乙女。といえば、「私以外私じゃないの」で2015年の紅白に出場した実績があるため、グループ名が耳に残っている方も多いのでは?
その翌年にはスキャンダルで世間を騒がせた川谷さん。話題には事欠きませんでしたね…。

川谷さん以外のメンバーは3人いて、休日課長さん、ちゃんMARIさん、ほないこかさん。男性2人、女性2人というグループです。川谷さんが世間を騒がせすぎているため、他のメンバーのことはよく知らないという人も、いるかもしれません。

最悪のケースでは解散もあるかも

「ゲス不倫」という言葉を生み出すきっかけとなった川谷さんについて回るイメージはいいものではありません。そのせいか、所属事務所の契約が切れたにもかかわらず、移籍先の事務所も決まっていないといいます。
また、発売予定であったアルバムも発売延期が決まって以来、発売の目途は立っていない状況なので、もうお披露目されることはないのかもしれませんね。

しかし、川谷さんのスキャンダルの影響を一番受けているのは、他のメンバーの皆さんでしょう。川谷さん以外のメンバーは何かをしているというわけではないので、昨年は川谷さんのスキャンダルに振り回されたといっても過言ではありません。
足並みが揃わず、解散ということも考えられますよね。

ほのかりんとの関係は?

タレントのほのかりんさんと交際中の川谷さん。ゲスの極み乙女。が活動休止中に、ほのかさんのSNSアカウントから川谷さんと旅行している動画が拡散されました。不倫で活動自粛しているはずなのに、あまりに節度のない行動の川谷さんにも、危機感のないほのかさんにも唖然としてしまいます。

kaw2

ほのかさんは所属事務所から契約解除が発表されており、移籍先も決まらず、タレントとして活動することが難しい状況まで追い込まれています。自業自得とも言えますが、身動きの取れない状況に追い込まれているといってもいいでしょう。
今までの経緯を考えても、二人の関係がこのままうまく続いていくということは考えづらいのですが…。

ゲスの極み乙女。としてこれからも活動していくには、個人レーベルを作ることも考えられますが、メンバーとの確執があると噂されている状況で、それが叶うのでしょうか。
今年の川谷さんは試練の年になりそうですね。

【ドラえもん】ボツになったもう一つのラスト→10年以上経ち、ジャイ子を殺害して死刑になったのび太!ドラえもんのいない世界でしずかちゃんは…【涙腺崩壊】

【衝撃の結末】帰宅すると、風呂場に彼女と浮気相手がいたので閉じ込めた→俺「楽しんでるとこ悪いんだけどそこで待ってて。」 A子「何でいるの?誤解だから開けて。」

【新事実発覚】サザエさんの作者が死ぬまで明かさなかった衝撃設定!カツオとワカメは磯野家の子供ではなかった!?ボツになったヤバすぎる最終回がこちら・・・

【幻のラスト】『あれから8年後の千と千尋の神隠し』千尋とカオナシが再会し、とある神社で千尋のことを知るお坊さんと出会い・・・【涙腺注意】


---------スポンサードリンク---------



1
2


この記事が気に入ったら
友達追加してね!

友だち追加数



Facebookからは@netaで検索してね♪


↓コメントを残してね♪↓

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメント

関連記事

  1. 【深い絆】ピコ太郎(古坂大魔王さん)に見る美しい友情と信頼にグッ…
  2. 【倫理崩壊】有村架純と高良健吾主演フジテレビドラマ「いつかこの恋…
  3. 【放送事故】加藤諒、ロンハードッキリ企画でのマジギレシーンが怖す…
  4. 【抗がん剤の副作用】闘病生活を送る小林麻央がブログを更新!!!→…
  5. 【賞賛の嵐】武井壮さんが最近の学校側にいじめの責任を押しつける感…
  6. 【放送事故】「めちゃイケ」で今度は小栗旬の買い物中に岡村が突撃し…
  7. 【面白い】狩野英孝の記者も笑う、爆笑会見の様子がヤバすぎるww
  8. 【憔悴】松本潤の浮気相手・葵つかさ、最悪の事態も…→…

注目最新記事

【予言】桜塚やっくんのブログ、閉鎖されずに未だにコメントが…その理由とは??

「がっかりだよ!」で大ブレイクした桜塚やっくん。 セーラー服と竹刀の「スケバン恐子」姿が印象に残…

【日本の文化】厚切りジェイソンが語る…外国人タレントならではの悩みとは!?

「Why Japanese people?」のフレーズですっかり芸人として人気者になった厚切りジェイ…

【これが現実…】中国の環境汚染がヒドすぎる!!→実際の様子をご覧ください・・・※画像多数あり

中国・北京の大気汚染、PM2.5については日本のニュースでもたびたび取り上げられますよね。 でも…

スポンサードリンク

いいね!ランキング

Facebook

おすすめ記事

  1. 【衝撃】嫁が他の男と甘い内容のメールのやり取りをしているのを発見したので聞いてみたらまさかの・・・
  2. 【芸術的】筆ペンとボールペンを使って字を上手く書く方法がInstagramで話題に!!※動画あり
  3. 【胸糞注意】劇的ビフォーアフターが依頼人の家をめちゃくちゃにリフォームし訴訟を受けていたことが発覚!!
  4. 【考え深い】自動販売機で超激安で売られている服!その真実を知ったとき、あなたならどちらに傾きますか?
  5. 【2017】東スポと週刊文春が報じたV6解散→その原因は岡田の◯◯か!?!?
PAGE TOP