【蓮舫代表完敗】橋下徹氏に苦言も効果なし→それどころか、逆襲されて反論できず…












事の発端は「会食」

has5

蓮舫代表が批判したのは、日本維新の会の松井一郎代表と共に橋下徹氏が安倍総理と菅官房長官とホテルで会食をしたときのこと。憲法改正やカジノ構想などについて意見交換をしたそうです。
しかし、これを知った蓮舫代表は、これを激しく批判しました。

「橋下徹氏は日本維新の会前代表としてトップのように振る舞っている」
「民間人なのに安倍総理と会談した」

こういった内容だったようです。
橋下徹氏は、日本維新の会法律政策顧問としての顔もありますし、憲法改正などの意見交換の場にアドバイザーとして同席していても何ら問題がないように思えるのですが…。

蓮舫代表vs橋下徹氏

has2
has3
has4

安倍総理を取り巻く環境に対して、いろいろとコメントしている蓮舫代表ですが、今回は相手が悪かったようです。この蓮舫代表のコメントに対して、橋下徹氏は誰もが納得できる切り返しをしています。

以前会食したことがある人に、「私とはいいけど、あの人と会食したらいけません」なんて言われれば、疑問を抱くのは当然のことですよね。蓮舫代表はそれに対してはコメントをしていないようなので、橋下徹氏に論破されたと考えてもいいでしょう。

民進党はどこへ向かうのか

蓮舫代表は、自身の二重国籍問題を抱えたまま、きちんと解決していないことを棚に上げて、自民党に関する話題を批判し続けています。一体、自分のことはいつ説明する気なのでしょう。
見方を変えれば、自分自身が追及されないために批判を繰り返しているようにさえ見えます。
蓮舫代表自身が、過去に橋下徹氏と会食していたこともあり、蓮舫代表の言葉からは何の説得力もありません。自民党の支持率下落を狙っているのかもしれませんが、それも何の功も成していないように思えます。
いつも激しい切り返しで話題となる橋下徹氏に対して、その先を想定せずに思ったことを言ったことで、ますます株を下げたようにも感じます。

has

このような風刺画を描かれるようでは、民進党の未来が心配になってしまいます。
蓮舫代表には、これからきちんと自身の問題を解決して、批判ではなく、政策について、激しく自民党と議論してほしいものです。

【ドラえもん】ボツになったもう一つのラスト→10年以上経ち、ジャイ子を殺害して死刑になったのび太!ドラえもんのいない世界でしずかちゃんは…【涙腺崩壊】

【衝撃の結末】帰宅すると、風呂場に彼女と浮気相手がいたので閉じ込めた→俺「楽しんでるとこ悪いんだけどそこで待ってて。」 A子「何でいるの?誤解だから開けて。」

【新事実発覚】サザエさんの作者が死ぬまで明かさなかった衝撃設定!カツオとワカメは磯野家の子供ではなかった!?ボツになったヤバすぎる最終回がこちら・・・

【幻のラスト】『あれから8年後の千と千尋の神隠し』千尋とカオナシが再会し、とある神社で千尋のことを知るお坊さんと出会い・・・【涙腺注意】