【ハンカチ必須】パパが作ってくれた最後のお弁当には、思い出の写真と感動のお手紙が…涙が止まらない父の思いがさらに泣けてくる。。。












父子家庭で育った一人の女性がいます。大学入学を迎え、高校生活最後のお弁当は、3年間作り続けてくれた父の思いとともに涙が止まらないものとなりました。

思い出のお弁当

中学から父子家庭となったみどりさんとそのお父さんが今回の主人公。みどりさんのお弁当は、3年前からずっとお父さんが担当してくれていたそう。
そして2016年12月8日、みどりさんにとっての高校生活最後のお弁当の日がやってきました。
いつものようにお弁当の袋をあけるとそこには、いつもの愛情がたっぷり詰まったお弁当とともに、手紙と写真が1枚入っていたのです。
その手紙の内容と写真が素敵すぎます。ハンカチを用意して次のページへお進みください。